ブログ

「混乱しやすい」人ってどんな人?思い込みが混乱を生む?

ブログ用画像(Surpass清水様)

 

 

 

こんにちは。パーソナリティ診断士の清水です。

http://surpass-star.com/

 

先日、自宅で赤ちゃんを抱っこしていて、とある気づきがあったのでシェアしていきたいと思います。

 

少しプライベートな話なのですが、私は赤ちゃんが産まれました。

赤ちゃんをあやすのって大変ですよね。

 

そんな中、「お腹が減った」「眠いけど眠れない」そんな赤ちゃんの不満が重なり、赤ちゃんが泣いて泣いて、泣き止まない日がありました。もうダメだ!となって奥さんにヘルプを求めると、

実は面白いことがおきたんです。

 

「ポン!ポン!」赤ちゃんのお尻を軽く叩いたら泣き止んだのです。

「なんで泣き止んだの?」と奥さんに聞くと、意外な答えでしたが、その答えは

「自分の泣き声にびっくりして泣いているから、ポンって軽く叩いてびっくりさせると泣き止むよ」

とのこと。

私にとって、自分の泣き声にびっくりして泣く、だなんて、あり得ない答えでした。

 

こういうことって、実は社会人の世界でもあります。

先日弊社のとあるメンバーの悩みを面談で聞いていたのですが、

「○○が困っていて」「△△がどうしたら・・」「あぁ、ダメかも」と、いわゆる「混乱状態」にありました。

 

そんなとき、ふと、赤ちゃんのことを思い出し、「まずは混乱を止めることが先だな」と思い、

「ひとまず落ち着きましょう。大丈夫です」とあえてアドバイスはせず、話を聞き、場所を変え、落ち着かせることだけに専念しました。

 

そうすると、混乱状態から抜けられたのか、「あ、そうですよね」とすぐにアドバイスを聞き入れてくれ、うまくマネジメントすることができました。

 

パーソナリティに置き換えてみると、まさに前述の混乱していたメンバーは「思い込み」が強いパーソナリティがありました。思い込みが強いということで、信念が強いのは良いことですが、頑固で一度混乱に入ってしまうと、悪いスパイラルにはってしまいがちでした。

 

まさにこういうパーソナリティをもった方には、まず「落ち着くこと」をマネジメントとして重要視して、対応していくと効果的ですよね。

 

マネジメントって、メンバー一人ひとり対応すべきこと、重視すべき傾向が違います。だからこそ一人ひとりの特性・個性を知っておくことって凄く大切。またその傾向を事前に知っていたら、対処法も大きく変わってきます

 

「この業務に向いている」「こういうタイプ」とかの診断ではなく、個々の特性や個性、傾向に重きをおいた診断でメンバーのイマをレントゲンのように見てみてはいかがでしょうか。マネジメントに活かせると思いますよ。

 

株式会社Surpass(http://surpass-star.com/

取締役 清水 貴裕

 

「じぶんスイッチ発見パーソナリティ診断セミナー」は随時開催しています♪

http://jpea.or.jp/p/myswitch/

◆◇診断士・清水貴裕プロフィールはこちらから◆◇

http://jpea.or.jp/lecturer/shimizu

2017年05月11日