ブログ

精神面で楽になる「自分を知る」とは?

長澤さんブログ挿入用

 

パーソナリティ診断士の長澤久理子です

当協会の基本理念である「自分を知って楽に生きよう」

今日は、この私自身の実体験を書かせていただきます、ちょっと赤裸々?

ぜひ、お読み下さい

 

頑固で、迷いや不安を感じること無く突き進み

まわりへの配慮など気にすること無くズバズハ発言する

行動力はあるが、計画性が低いので結果につながらない

納得が行かないと指示命令には従えない

思い通りにならないと自暴自棄になる

コミュニケーション力は、わりと高くてすぐに仲良くなれる

ストレスにも強くて忙しいの大好き

 

これがわたしのパーソナリティでした

「です。」かな?

「でした。」かな?

 

30歳になり、管理職になった時、このパーソナリティのパワーがピークを迎え、

最終的には崩壊し、人生最大の挫折を経験しました

そして、パーソナリティ診断士として活動するきっかけとなる適性検査B-CAVtest®Ⅱを

受検したとき、なんとな~く感じていた自分自身の“性格”について改めて気付き、

それが確信へと繋がったのです

 

自分を知って“楽”に生きよう!

 

正に“楽”になりました!

だって、「思い込み・頑固度」が高くて、「協調性」が低いんですもん

思い通りにしたいし、思い通りにならないと自暴自棄になるわけですよね

自分自身に納得

過去のわたしは、“固定概念”で生きてきました

管理職だから「こうでないといけない」だからそれを相手に“押し付ける”という行為で

統制を取ろうとし、チーム形成に失敗、チームも自分自身も崩壊させてしまったのです

年齢を重ねるごとに、「あの時は強引だったからなぁ」

「わたしのマネジメントの方法がいけなかったんだろうなぁ」

と、素直に反省の色に変わり、「同じ過ちを繰り返さないようにしよう」

と決意するものの、いまいち腹に落ちていなかったのは事実

しかし、B-CAVtest®Ⅱに出会ってその原因が具体的に且つ、明確に理解できたのです

“自分スイッチ発見!”です

 

適性検査を受け、初めてフィードバックを受けた時、「すー」っと楽になったのを今でも覚えています

だって、人それぞれ個性があって、だから“良い”、“悪い”じゃないんですもん

“押し付ける”という行為で統制を取ろうとして、何もかもうまく行かなかったわけです。

自分と同じパーソナリティの人間は、ほぼいないのですから

それを理解できた時、とても楽になりました

 

独立して6年、改めて自分自身の確認をする良い機会となりました

「何故、会社組織に属し、静か~に組織の方針に従って職務を全うできないのか?」

「何故、自由を求め、自らリスクの高い“独立起業”の道を選択したのか?」

それは、「革新性」が高く、「決断性」が高く、「積極性」が高く、

変えたい!決めたい!動きたい!

これは、正に経営者に多いパーソナリティだから

“こんなパーソナリティなので仕方がない”

“だから、今こうして独立してフリーで活動しているんだ”

と、自分自身の行動が腹に落ちスッキリしたのを今でも覚えています

 

また、課題も明確になりました

行動力があり、「計画性」はあるのですが、結果につながらない点、

「堅実性」の低さが答えでした

「緻密性」も低いという結果に、ケアレスミスを多発させてしまう欠点の

再確認となり、そういった欠点は日々、意識を高く持ち注意しながら行動しております

 

このような感じで、結果、B-CAVtest®Ⅱに出会っていろいろな意味で

人間力が上がったと実感しているのです

随分と、自分自身のパーソナリティに振り回されたもんです

「批判性」も高いので、すぐ相手をジャッジしたくなる、これもパーソナリティ

他人を評価する前に、まずは自分の評価ですよね

 

「自分を知る」とは、このようなことです

精神面で楽になると、それが自然と表情に現れ、表情が柔らかくなれば、

周りにいる方々へも自然とHappyの連鎖が広がります

課題もまだまだ意識すれば変えられます!

わたし自身の実体験を元に、まだまだ自分を知らないかもしれないという方

パーソナリティに振り回されてしまっている方

“楽”になる為に、全力でサポートいたします

悩んでないでまずは“行動”

わたし自身、これからも自身の課題解決にむけて自分自身と向き合っていくつもりです

 

最後までお読み頂きありがとうございました

 

「じぶんスイッチ発見パーソナリティ診断セミナー」は随時開催しています♪

http://jpea.or.jp/p/myswitch/

◆◇診断士・長澤久理子プロフィールはこちらから◆◇

http://jpea.or.jp/lecturer/nagasawa

2017年04月14日