ブログ : パーソナリティ診断士

「人事評価を辞める」からこそ「マネジメント」が論理的であってほしい

049

こんにちは。パーソナリティ診断士の清水です。

先日とあるニュースをみていて日本の人事評価は遅れているな、と感じました。

→(参考記事) なぜアメリカ企業は人事評価をやめるのか? 

 

この記事のとおりなのですが、従来の日本も含め、企業の評価制度は

成長度や行動指針などの点数をつける評価制度、まさに「偏差値評価」「点数評価」です。

これは確かに、評価する側としては楽で、決められた基準にそって振り分ければOKということですが、本当にこの手法で適切に評価できているのでしょうか。

 

昨今では、日本も含めて、世の中のスピードが早くなり、企業のスピードもコロコロ変わる上、マーケットそのものが成長しづらくなってきたからこそ、

・決めた目標を期間途中で変えざる負えない

・一概に全員給料UPというシンプル判断ではない判断をする必要がある

・だからといってマイナス評価ではやる気が下がる

 

以前と比べ、「評価」そのものが難しくなってきたのは事実でしょう。

そんな世の中だからこそ、従来の評価制度ではなく、

絶対値で個々と向き合って、本人との「納得性」を大切にした評価が必要になってきました。

 

Aさんに合った評価手法、Bさんにあった評価手法が必要であり、その手法の話をすると長くなるので割愛しますが、いずれにしても、個別評価をしていくためには、

「個々を明確に見ること」を現場と向き合えるマネージャーが出来るべきです。

 

マネージャーとは総じて、忙しいものです。

現場は見ないといけない、数字も挙げなければいけない、経営陣の話も咀嚼しなければいけない。とにかく、やることが多いです。

そもそもこの構造体制を変える必要もあるのですが、そんな簡単なことではないので、

まず「マネージャーが個々を理解するため」の効率的・実用的なフォローが必要でしょう。

 

そんなときにメンバー個々の「パーソナリティ」「状態」を把握しておくことが役に立ちます。このメンバーはこういう傾向(コンピテンシー)にあるのか、こういう志向が強いのか、など、事前に知っておくことで対策や話す内容が変わってくるでしょう。

一人ひとりの理解と業務の結果を組み合わせて俯瞰したとき、本当に個々の絶対値評価ができるのではないでしょうか。ぜひとも一度メンバーの特性や個性を把握してみてはいかがでしょうか。

 

株式会社Surpass

取締役 清水 貴裕

2017年06月30日

「健康診断」、してますよね?……今の「あなた自身」について診断したことありますか?

永井さんブログ用画像

 

こんにちは。パーソナリティ診断士の永井槇(ながいまき)です。

 

新年度には健康診断を受ける!という方が多いと思います。健康診断の結果って、どのように受け止めていますか?

「要経過観察」「要再検査」といった判定だった場合、結果の数値をくまなくチェックされると思いますが、「正常」の場合はいかがでしょう?

「正常!よし」といって診断結果を全く見ない?

・あー、やっぱり体重増えている!

・血圧高いな~

・尿酸値がおかしいぞ?

という感じで、いろいろな数値をチェックしていないでしょうか?

そして、例えば体重が増えていた場合、

・あのときは暴飲暴食してたからなー(と一時的なものだと判断して特に対応しない)

・ウェストがきつくなった気がしていたけれど太ったのか(と事実を受け入れて、ダイエットを視野に入れる)

・食事制限したのになー、運動しなきゃダメかな(とダイエットプランの変更をする)

などと、その結果から意味を読み取り、アクションにつなげたりしていないでしょうか?(何もしないという選択肢もありますよね)

 

「心身ともに健康でありたい」と願う人は私だけでないと思います。ところが、「健康診断」で「身(体)」の健康状態をみていても、「心」の健康診断はしていないのでは?

心の健康診断というと、会社でのストレスチェックを想像する方も多いでしょう。これは、心のSOSを知るためのチェックですね。

心の状態ではなく、あなた全体のこと、何があなたらしさを作っているかというチェック、やったことありますか?

実は誰でもやったことがあるのです!それがいわゆる「適性検査」です。

えー!?就職や配置換えに使われているアレ?

とお思いの方もいらっしゃるでしょう。多種多様な「適性検査」がありますが、一度は何か受検したことがあるのでは?

それでは、その診断結果ってご存じですか?

「SE志望だったのに営業に配属された」、くらいの結果しか知り得なかったのでは?

私達、日本パーソナリティ診断士協会は、そんな使い方じゃもったいない!と、「B-CAV®test Ⅱ」というパーソナリティ診断ツールを使い、その結果をチェックした本人にしっかりお戻しします。

誰もがたくさんの個性(パーソナリティ)を持っていて、これが普段の行動につながります。この行動にはクセ(傾向)があります。「じぶんスイッチ」のON/OFFで行動の傾向が作られるのです。

 

私の「じぶんスイッチ」の一例を。

「批判性」が非常に高いです。

「矛盾や間違いに気付きやすい」というのは普段から感じていて、書類の誤字脱字など表記の誤りに非常に敏感です。ところが、マイナス面はあまり意識したことがありませんでした。

「自分の目で見た情報しか信じようとしない」。確かに、正確さを期するあまり裏取りに時間がかかり過ぎることも多々あるなと猛省。もう少し曖昧になってもいいのかも。

診断後は、調べ物の際に「あ、調べ過ぎ!8割判明したから、ここで一回終わりにしよう」ということができるようになりました。それまでは、調べ過ぎて疲労困憊、結果をまとめるのが雑に…と散々なことが多々ありました。

 

「じぶんスイッチ」発見のための診断は、身体の健康診断のように毎年しなくてもよいと私は考えます。でも、20歳の頃の自分、30歳の頃の自分、変わっているところもあれば変わらないところもありますよね。まずは、これまでの人生で今現在のあなたがどんな風に形成されてきたかを一度はチェックしてみることをおすすめします。

「じぶんスイッチ発見パーソナリティ診断セミナー」は随時開催しています♪

http://jpea.or.jp/p/myswitch/

◆◇診断士・永井槇プロフィールはこちらから◆◇

http://jpea.or.jp/lecturer/nagai

2017年03月10日

春が来る前に”自分の棚卸し”をしてみませんか?

自分の棚卸し~じぶんスイッチ発見!~

こんにちは。パーソナリティ診断士の梶原です。

もうすぐ4月。
新社会人、新入生、転職、と多くの人が新しいスタートを切る時期ですね。
そして、新しい組織やコミュニティ、グループに入って、新しい人間関係を築く時期ともいえます。
世の中には新しい集団に入ってすぐに馴染める人と、そうでない人がいるもの。
みなさんはいかがですか?

父の仕事の関係で、転校が多く、小学校を4回変わったわたしは、転校の度に、新しい環境に早く馴染みたいと思うあまり、転校した初日から、まわりの人たちには「明るく元気で誰とでも仲良くできる、とってもいい子」と印象付けられるようにと自分を演じる子どもでした。
先生からも、クラスメイトからも、そして親からも「いい子だね」と言われることが最大の関心事だったんです。
「褒められたい」、「認められたい」オーラ全開です。(笑)
でも、転校して1週間も経てば、無理をして自分を装っていることが周りにもバレバレ。
転校生というだけで、ただでさえ注目を浴びる存在なのに、それに加えて、まるでカメレオンのように日に日にいろんな色に変化するので、いつしかクラスの中でも「本当はどんな人なのかがわからない不思議な子」として、周りから距離を置かれることもありました。今となっては、ほろ苦い思い出です。(笑)

さて。
今時の若い人たちを見ていると、人との付き合いがとても上手いな、と思うことがあります。
誰とでも差し障りのないコミュニケーションが取れて、人の意見に面と向かって反論しない。だから人と衝突するという事故が起きにくいように感じます。
ところが、社会人になると、仕事は是日々真剣勝負。
「結局、あなたの考えはなんなの???」と周りに理解されなかったり、会議の場では発言しなかったのに「実は私は違う意見をもっていて・・・」などと、日陰でつぶやいたりするのって、仕事を進めるスピードや質を落とすことになってしまいますよね。
これって、とてももったいないことです。
相手が上司であっても、大事なお客様であっても、部下であっても、言わなきゃいけないことを相手が理解できるように伝えないと、あとで胃が痛い思いをすることにもなりかねません。そして、それが積もり積もって、自己嫌悪に陥り、最終的には自分で自分のことがわからなくなることもあるかもしれません。

このような極端な話は別にしても、自分がどんな人なのか?を知るために、様々な自己分析ツールを活用したり、他者から見た自分をフィードバックしてもらったりしますが、日本パーソナリティ診断士協会では「B-CAV®test Ⅱ」というパーソナリティ診断ツールを使って自分の特性を客観的に知ることをお勧めしています。そして診断結果をご説明するセミナー(2時間ほど)では、それぞれのパーソナリティについて詳しくご説明していきます。
http://jpea.or.jp/p/myswitch

新しい人間関係を築く4月を前に、まずは「自分の棚卸し」をしてみませんか?

◇◆診断士・梶原温美プロフィールはこちらから◆◇
http://jpea.or.jp/lecturer/kajihara

2017年02月17日